2004/09/27(月)

●坊主頭と自分、そしてバリカン

 今年の6月あたりから私は坊主頭です。それで、今朝久しぶりに、家にあるバリカンを使って髪を刈ろうかと思ったんです。早速バリカンをいつものように 12 ミリにセットして、後頭部の左側を豪快に刈りあげました!

 ……今思えば、朝起きたばかりで髪を刈ろうとしたこと自体が間違いでした。というのも、バリカンを表裏逆に頭に押しつけてしまったんです。表裏逆ということはもちろん、頭に刃が直接あたるわけです。刃が直接あたるということはもちろん、髪の毛が無くなってしまうわけです。

 とりあえず表裏を戻して全体的に刈ってみたものの、一部分だけはげてしまった自分の頭。久々に過去に戻りたいと真剣に考えました。ドラやきマンに泣きつきたいと本気で思いました。しかし、いくら嘆いてみても、髪の毛が帰ってくることはありません。

 ここで、私は賭けに出ました。バリカンを 12 ミリから、9 ミリに替えて、再び全体的に刈ってみたのです。つまり、「通常部分」と「はげ部分」の落差をなるべく小さくしようという作戦です。

 しかし、これがうまくいかない。というのも「はげ部分」は文字通り、はげているわけで、他の部分を低くしたところで、結局ごまかしきれないんです。つまり、垂直な崖を真上から見た場合、その見た目には、崖の高さなんて全く関係ないんです。

 ……まあ、これは今だから言えることです。この時の自分は、さらに 6 ミリへと進みました。そしてそのまま、3 ミリ まで突き進みました。

 ふと我に返ると、「はげ部分」がどうこう言うよりも、全体的におかしなことになっている自分の頭。

 こ、これは、どうすれば? ……もう何の作戦も立てようがありません。もちろんカツラをかぶるわけにもいきません。

 最終的には、「開き直る」という作戦を選ばざるを得ませんでした。普段は、「毛なんて伸びなきゃいいのに……」と思う私ですが、これからは、「早く毛が伸びますように……」と祈りながら、毛根様にマッサージを施すことでしょう。

 それにしても、半分では自分の失敗を悔やみながら、もう半分では「これは雑記帳に書ける」などと喜んでいる自分が、かなり切なかった。いやしかし、ここに書くことによって随分と救われたのも、事実ですけどね。

2004/09/26(日)

●英語

 最近、プログラミングには英語が欠かせないというのを痛感しました。モーフィングに関する情報を得るだけでも、英語が出来るのと出来ないのでは天地ほどの差があります。

 そこで、Bootcamp というサイト ( http://www.bootcamp.com/ ) にあるコンピュータに関するニュースを聞き始めてみました。これで、少しでも英語が分かるようになるといいんですが。

2004/09/25(土)

●吉里吉里でぼかしが出来るようになった!

 最新β版で、ぼかしが出来るようになっているので、早速、テストしてみました。

; first.ks -----------------------------
@position layer=message0 opacity=0
@image storage=bgimage layer=base page=back

@iscript
var i = 0;
var n = 1;
//--------------------------------------
// タイマーが呼ばれた
//--------------------------------------
function onTimer()
{
    var fore = kag.fore.base;
    var back = kag.back.base;
    fore.assignImages(back);
    fore.doBoxBlur(i, i);
    i += n;
    if(i > 48) n = -1;
    if(i < 0) timer.enabled = false;
}
//--------------------------------------
// タイマーを作成
var timer = new Timer(onTimer, '');
timer.interval = 50;
timer.enabled = true;
@endscript
;---------------------------------------

 おお! 何かいい感じです。

 ついでに、 fore.doBoxBlur(i, i); のところを fore.doBoxBlur(i, 0); に変えてみると……ざ、残像拳? fore.doBoxBlur(intrandom(0, 6), intrandom(2, 24)); に変えてみると……うわー地震だー!

 これは色々と使えそうですね。ちなみに、今回テストに使用した画像はこれ。

●パソコンでレコーディング

 この前、友人が新しいボーカルを連れて家にきました。それで、いつもはレコーディングとなると、 MTR という専用の機材を使うんですが、今回、初めてパソコンでレコーディングをしてみました。具体的には、SONAR というソフトの体験版を使ったんですが、これ、ちょー気持ちいいですね。

 まあしかし、体験版のため保存の類が全くできません。今回は、最終的に、SONAR で再生しながら別のソフトで録ることでしのぎましたが、このソフト、是非とも欲しい。

 うーむ、またマネーコレクターに変身せねばなるまい。

 ん? でも良く見てみたら、SONAR で録った音声が C:\Cakewalk Projects\Audio Data にそのまま WAVE ファイルとして保存されてるような……。で、バックアップを取りつつ、SONAR を終了すると、C:\Cakewalk Projects\Audio Data の中身は自動的に消えた。

 うーむ、とりあえずマネーコレクターに変身する必要は無くなったようだ。

 ん? こ、これは、いいのか? えーと……いいのか。うん、いいんだよな。そうそう、いいんだよ。……けど、本当にいいのかな。いいんだ いいんだ いいんだ いいんだ いいんだ いいんだ いいんだす

2004/09/24(金)

●Fusion 1.00

 公開した _| ̄|○

2004/09/21(火)

●できたー!

 この約1か月間、平均すると1日あたり 12 時間以上は開発してきたと思われるモーフィング・ソフトですが、

1、画像は2枚
2、読み込めるのは、ビットマップのみ
3、変形のモードは、最近傍法のみ
4、モーフィングのタイプは、対応する点を指定するタイプのみ
5、DIB とか DIBSection で頑張ってみる(中速)
6、書き出し機能なし(プレビューのみ)

というところまでは何とかできました。いやー、感激です。自分の作ったソフトが動いていることはもちろん嬉しいですし、何とか9月末までに間に合ったのも嬉しいです。

 もう少しバグ出しをしたら、バージョン 1.00 として、リリースしたいと思います。

 これから、様々な機能を盛り込んでいくことになると思います。とりあえず、AVI 動画書き出しと独自ファイル形式でのコントロール・ポイントの保存が最優先ですかね。他にも実装予定の機能としては、挙げたらきりが無いぐらいありますけど。

 良かったら、感想・不具合報告など下さいませ。

2004/09/20(月)

●新しいほにゃらら

 最近、父親のノートパソコンの画面に赤い縦線があらわれるようになりました。ずっとソフト開発時に愛用してきたパソコンです。

 そこで、サポートに電話すると、「それでは、交換」ということになりました。しかし、交換ということは、その間使うことができません。夏休み中に「一応、ゼミで見せられる」ようなものを作っておきたい身としては、非常に困りました。

 そこで、ついに買いました。新しいパソコン。WindowsMe のブルースクリーンに泣いてきた身としては、もう「素晴らしい!」の一言ですね。

 そういえば、2004/08/13 の雑記に書いた「あー、いつか大画面でフォントサイズ 20 ぐらいでアンチエイリアスがかかった文字でテレビを見るぐらいの距離で「返せ」と言われない環境で開発したい」という夢が叶いました。いやー、嬉しい。でも、いずれ「あー、いつかフォントサイズ 40 ぐらいで……」とか思うようになるのかな。嫌ですね。

2004/09/14(火)

●DIB 始めました

 前回書いた、モーフィング・ソフトの「一応、ゼミで見せられる」段階での仕様、

5、とりあえず、DDB + GetPixel, SetPixel でやっちまう(低速)

 ですが、これ、思った以上に低速ですね。しかも、他のウィンドウで隠れている部分からは、ピクセルをゲットできません。いや、これは HDC を別で用意すれば良いんでしょうけど。

 まあせっかくなので、何やら難しそうな DIB とか DIBSection を勉強してみます。「一応、ゼミで見せられる」段階での仕様としては、

5、DIB とか DIBSection で頑張ってみる(中速)

に変更しておきます。間に合うかな。あ、そういえば、フリーソフトウェアコンテンツを開設して、ソースを公開しときました。

 あとは、コンテンツ名の横に最終更新日を表示するようにしました。1週間以内に更新されたコンテンツは赤、それ以外は灰色で表示します。つまり、がんばった分だけ、エドルフ族を血祭りにあげることができるという素晴らしいシステムです。ん……うーん…………あ、そうか……あれ? いや、違うな…………血祭り始めました……これだ…………あれ? いや、違うか……。

2004/09/10(金)

●モーフィング

 ケンプミュール。どうもこんばんは、タロです。

 あれ以来、テキストエディタの開発は一時休止中です。夏休み明けのゼミで、テキストエディタを見せたのでは、インパクトが薄いと思ったからです。

「テキストエディタ作りました」
「へー」
「これが動かしたところです」
「ふーん」
「……」
「…………」
「……………………」

という光景が、ものすごく鮮明に頭に浮かびます。

 そこで最近は、「モーフィング」のソフトを作ってます。モーフィングとは、「モーフィングとは」で検索すると分かるような技術のことです。これを何とか9月末までに、「一応、ゼミで見せられる」ような形にしたいです。まだ「画像の読み込み」とかいう段階ですが。以下はその「一応、ゼミで見せられる」段階での仕様。

1、画像は2枚
2、読み込めるのは、ビットマップのみ
3、変形のモードは、最近傍法のみ
4、モーフィングのタイプは、対応する点を指定するタイプのみ
5、とりあえず、DDB + GetPixel, SetPixel でやっちまう(低速)
6、書き出し機能なし(プレビューのみ)

といった感じで作っていきます。これが出来てから、様々な機能を追加していこうかと思います。
 現在は、ウィンドウが他のウィンドウの端にぴったりくっつく機能を……ってそんな機能は後回しですね。
 そのうちソース公開する予定ですので、どなたか気が向いたらアドバイス下さいませ。