2008/02/17(日)

●聞々ハヤえもん

聞々ハヤえもんが、「Vector」の新着ソフトレビューで紹介されることになった。そこで、「ソフト作者からひとこと」というコーナーの原稿執筆を依頼された。

あらためて考えてみると、「聞々ハヤえもん」というソフト名の由来をどこにも書いたことがなかったことに気づく。原稿の中で、ソフト名に関して書いておいたので、ここに引用しておく。

まず何よりも初めに考えたのが、ソフト名。なるべく覚えやすく、親しみの持てる名前という事で、考えに考え抜いた結果、「聞々ハヤえもん(ぶんぶんはやえもん)」という名前をつけました。「聞々(ぶんぶん)」というのは再生速度を変更できる事にちなんで、スピード感を擬音語で表しつつ、「聞く」という漢字を用いる事によりサウンドプレーヤだという事をアピールしています。

聞々ハヤえもんの紹介記事は、下記ページに2月23日(土)より掲載されるらしい。

「Vector」の新着ソフトレビュー:http://www.vector.co.jp/magazine/softnews/

聞々ハヤえもん - 再生速度・再生周波数・音程を自由に変更できるMP3プレーヤ

2008/02/05(火)

●ターンテーブルコントロール

聞々ハヤえもんに「ターンテーブルコントロール」という機能をつけるべく、開発中。

表示→ターンテーブルコントロールを選ぶと、レコードプレーヤーが表示されて、そこをマウスでドラッグすると、DJのようにきゅるきゅるとスクラッチができる機能。

ターンテーブルコントロール

見た目、しょぼっ(笑)

聞々ハヤえもん - 再生速度・再生周波数・音程を自由に変更できるMP3プレーヤ

2008/02/03(日)

●聞々ハヤえもん 2.21 β 2

聞々ハヤえもん Version 2.21 β 2 開発版 を公開しました。更新内容は以下のとおり。

・再生/一時停止用のキーボードショートカットとしてデフォルトでスペースキーを追加しました。

聞々ハヤえもん|再生速度・再生周波数・音程を自由に変更できるMP3プレーヤとして公開中のオープンソースのフリーソフト