2009/02/28(土)

●春

もうすぐ春がやってくる。今日は小学校の卒業アルバムを引っぱりだしてきて、読み返してみた。そこに書かれてたのは、こんな文章。


『出会い』 山内良太

 ぼくは、小さいころから六年生になるまで、自分の事を「こっち」と、言っていました。そして、相手の事を「そっち」と、よんでいました。例えば、
「こっちねー、きのう牛丼食べたんだよ。そっちは何食べたの」
などと、言いました。
 しかし、六年生にもなると、みんな自分の事を「おれ」と言うので、ぼくも、しばらくたつと、おれと言うようになってきました。
 次に、ぼくは、最近になるまで、とても、暗かったです。例えば、20分放課や昼放課に、ぼくは、ぜったい外へ行きませんでした。先生に、なぜ外へ行かないのか聞かれても、おなかが痛いからなどと言って、ごまかしました。そして、4年生になると、教室で遊ぶ人がいたので、その人といっしょに遊びました。しかし、5年生になると全員外で遊ぶので、また教室にひとりぼっちでいました。
 そして、6年生になるとまた、みんな外に出るので、これがチャンスだと思い、みんなといっしょに、外へでました。それから、ぼくは外で遊ぶようになりました。それが、明るくなった理由の一つ目です。
 明るくなった理由の二つ目は、ある人に出会ったからです。それは、矢野竜一君です。
 一学期のころは、あまり知らなかったし、まだ暗かったけれど、二学期、三学期と、時がすぎていくと、だんだん竜一君のことを知ってきて、少しずつ仲よくなってきました。それで、ぼくは竜一君と知りあってから、少しずつ明るくなってきました。
 2、3、4、5年のころは、授業の中で自由の時間がもらえても、みんなに、
「遊ぼう」
と言えなかったけれど、今では放課にでも、大きな声で、
「遊ぼう」
と、言えるようになりました。
 ぼくは、竜一君に出会えたおかげで、はずかしがる事も少なくなり、自分を変えることができたように思います。
 ぼくを、変えるきっかけとなってくれた、竜一君にぼくはとてもかんしゃしています。
 これから、いろいろな人と出会うと思うけれど、そんな出会いをぼくは大切にして行こうと思います。


なんかあんまり変わってない気がする(笑)

2009/02/26(木)

●飲み会

昨日は飲み会。仕事場のメンバー7人でダーツバーに行った。

前から約束してたモッキーさんとの飲み会がようやく開催できてよかった。

家に着くとリビングで父親が寝ていた。起こさないように、と思ってそーっと動いてたんだけど、バンッ! カバンを落としてしまった。……シーン。ほっ、起こさずに済んだらしい。すると、

「アカデミー賞、陰陽師」

と、そんな寝言が聞こえてきた。

2009/02/23(月)

●寝ます!

今日は頭痛と吐き気で、最悪の体調だった。なんか仕事しながら汗だくになってるし。あげくの果てには後輩に作業をお願いしておきながら自分は帰る始末。ふ、不甲斐ないっ。今日は早く寝て、とっとと治そう。

2009/02/22(日)

●ぬくぬく

あぁ、もう起きないと。けど、布団が恋しい。

昨日はラウンド1で遊んできた。色々やったけど、パターゴルフで友達が全然バンカーからボールを出せず、「どんっどん行こう!」って延々打ち続ける姿がとりわけ可笑しかった(笑)

今日は生まれて4ヶ月の先輩の子供に会いに行ってくる。大きくなってるかな。ってなわけで、布団から脱出しないと…。

2009/02/19(木)

●2月のある日

今日、仕事場から帰った後、東京にいる友達と電話で久しぶりに話をしてたんだけど、友達の話し方がいつのまにかすごいおっとりした話し方になってた。

で、その声と話し方があまりにも心地よくて、思わずそのまま眠りそうに…あぶないっ!(笑)

2009/02/17(火)

●なんとなく

最近、感情の起伏が激しくなった。

特に強くなった感情が、楽しさと寂しさ。

と、恋しさとせつなさと心強…(違)

たぶんいろんなことが楽しすぎて、それが終わった後にふいに寂しい気持ちが訪れる。

そんなサイクルを繰り返してる。

それは去年、つま恋から帰ってきた後にも感じた。

ん? つま恋の後は風邪をひいてたからなのか!?(笑)

2009/02/16(月)

●トトロ

先週の金曜、トトロ似の先輩の送別会だった。

まぁ送別会って言ってもチームがかわるだけだから、そんなサヨーナラって感じでもないんだけどね。

その先輩は自分が新人の頃、すごくお世話になった先輩。一年目は何もかもが初めてで不安だらけだったんだけど、隣の席でいつも気を遣ってくれて、「ジュース買ってきたるわ。ただし俺の分の金もちょーだい(笑)」とか、「そんな必死でやっても効率下がるだけだから、今日はもうおしまい。土日になんとかしよう」とか色々優しい(?)言葉をかけてくれた。

自分でやった方が明らかに早い作業でもできる限り任せようとしてくれたし、とにかく自分を「育てよう」としてくれてたのが伝わってきた。

良く殴られたけどね。

2009/02/11(水)

●提案曲『福神漬けのうた』

今日は、バンド用の提案曲を書いた。

タイトルは、『福神漬けのうた』。

http://www.edolfzoku.com/fukujinduke.mp3

『福神漬けのうた』
作詞 山内良太 作曲 山内良太

※福神漬けが食べたいな
福神漬けが食べたいな
カレーに良く合う 福神漬け

(※繰り返し)

福神漬け 福神漬け
福神漬け 福神漬け

※らっきょうでもいいけれど
らっきょうでもいいけれど
やっぱりカレーには 福神漬け

(※繰り返し)

福神漬け 福神漬け
福神漬け 福神漬け

たまに苦しいときに癒してくれる
そんなキミの事が大好きなんだ Ah

※福神漬けはおいしいな
福神漬けはおいしいな
やっぱり大好き 福神漬け

(※繰り返し)

2009/02/09(月)

●つう【通】

つう【通】
ある事柄に精通していること。


何かの『通』だって胸を張って言えるような事が自分にはない。そして、そんな日は永遠に訪れないような気がしている。

自分は「何となく」で生きてきた。何となく楽しそう。何となく惹かれる。何となく何となく何となく。

そこには理由なんてない。聞かれたとしても答えはやっぱり「何となく」だ。

仕事をしはじめてから、その事に気づかされた。自分に足りなかったのは、疑いの発想。それは「何となく」の対極にあるものだった。そして、『通』もまた、「何となく」の対極にあるものだ。

さて、本題。たまには『通』ぶりたい。

例えば、「好きなマンガは?」と聞かれたら、通な人はどう答えるだろう。『ドラゴンボール』、『スラムダンク』、『タッチ』……、いやいや、ちょっと待て。そんなんじゃ、通とは言えない。

「わたしゃ、マンガなんて読みませんよ」、と高尚ぶってみようか。いや、それじゃ単なる嘘つきだ。

自分が読んだマンガの中で、通っぽいもの。『はだしのゲン』か!? いや、学校の図書館にも置いてある。みんな知ってる。

「うーん、色々読んだけどさぁ。やっぱり最終的にはドラゴンボールになっちゃうよね」、って深みを演出してみようか。いや、なんか嫌味なやつだ。

やっぱり、「ここでバシッと通なマンガを言いたいんだけど、何にも浮かばないから正直に言おう。ドラゴンボールだよ!!」ってぶっちゃけるしか無いのか。

『通』への道は険しい。

2009/02/07(土)

●ちょっと欲張り

今日は朝起きて、オムライスを作った。チキンライスに隠し味としてちょっとだけマヨネーズを入れてみたら、なかなか好評だった。

こういう時、まずいものはまずいと言ってくれる父親はありがたい。お世辞を言わないから、本当にうまかったかどうかが分かりやすい。まぁ二言目には「それにしても昨日のワンタンメンは……」って話にすりかわってたけどね(笑)

それから昼寝。夕方目覚め、夜ご飯を済ませたとこ。

さて、これから何をしようか。

バンドでやるオリジナル曲を書くか。明日作る料理を考えておくか。コンビニまで散歩するか。パソコンで絵を描くか。お菓子作りを初めてみるか。運動でもするか。

決めた。鼻唄をフンフン歌いながら、コンビニまでちょっと早歩きで散歩。途中、いいメロディが浮かんだらケータイに録音する。コンビニで雑誌を買う。料理、お菓子作り、CGに関する雑誌だとなお良し。そんなんコンビニに売ってんのかな。24時間営業の本屋があったらいいのに。帰りは鼻唄を歌いながら、軽くジョギング。

これでやりたい事が網羅できるかな。普段なんとな~く生きてる分、ちょっと欲張り気味に予定を立ててみた。