« ストレス | メイン | ソフト開発に夢中になった頃 »

2009/02/03(火)

○○○台詞選手権

前に仲のいい友達と話してたんだけど、こんなゲームがあったら面白いんじゃないかって話。

ゲームの名前は『クサい台詞選手権』。

使うのは、『クサい台詞がいっぱい書いてある紙』。

じゃんけんで一番負けた人が一番勝った人に向かって、真剣な眼差しでそのクサい台詞を言う。どの台詞を言うかは、勝った人が「何番!」ってテキトーに選ぶ。

■クサい台詞の例
・ねぇ、キミ。白馬に乗った王子様が迎えに来たよ。
・僕の瞳を見てごらん。最高に美しい女性が映っているだろう?
・天気予報は見たよ。ただ、君と一緒の傘に入りたかったんだ。
・君は魔法使いだね。こんなにも僕の心を惹き付けるなんて。でも、もうちょっと弱い魔法でもいいよ。君がいないとあまりにも寂しくなるから。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.edolfzoku.com/diary/mt-tb.cgi/279

コメントする