« 親友 | メイン | 真夜中の散歩 »

2009/06/09(火)

スタートライン

みんな大人になった。自分はまだ、ガキで幼稚なまま。子供の頃のようにしょーもないことを言いあっては、笑いたい。ずっと、笑っていたい。その気持ちが消えることはないんじゃないかな。冷静な大人になる時は永遠に来ないんじゃないかな。そんな気すらしてる。少しだけ、焦る。取り残されていくような気がして、焦る。自分もきっと、少しは大人になってきたはずなんだけどな。

7月18日。高校時代の同級生、その結婚式の二次会。当時の仲間たち5人から、歌を贈ることになった。

で、例によって曲を書く訳なんだけど、今回はちょっと特殊な作り方をする。まずタイトルだけを決めておき、5人がそれに対して詞を作る。それから5人の詞を元に、一つの詞を完成させる。曲を乗せるのは、それから。

そんなこんなで決まったタイトル、それは『スタートライン』。

結婚おめでとう。末永くお幸せに。今日が幸せな家庭を築いていく為のスタートラインだねって意味をこめた歌。


とりあえず、さらさら~っと書いてみた。

『スタートライン』

僕らが出会った日 それはまだ制服姿
バカなことばっかしてふざけあっては
バカみたいに笑いあった

高校を卒業してみんな別の道を歩んで
行く先々で色んなことがあって
そんな出来事の中にひとつ

ハッピーウェディング
幸せな家庭を築いておくれ
あの日と同じようにもう一度ここから始めよう

ハッピーウェディング
幸せになれると信じていた
あの日と同じようにもう一度ここがスタートライン

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.edolfzoku.com/diary/mt-tb.cgi/315

コメント

Great article but it didn't have eevryhitng-I didn't find the kitchen sink!

コメントする