2009/09/28(月)

●楽チン

先週はシルバーウィーク明け。木金だけで楽チン!!……と思いきや、そのまま勢いあまって土日も出勤。

来週の土曜もリリースで出勤になりそうだから、日曜は休めるといいなぁ。買い物したり、本読んだり、いっぱい寝たり、髪の毛切りに行ったり、姪っ子と遊んだり、誰かと一緒にごはんを食べたり。そんなことがしたい。

それにしても、昨日はひどかった。夜、18時から人と会う約束をしてたんだけど、結局会えたのは21時半。3時間半も待たせた。いやぁ、最低。最低だ。

もし自分に大切な人がいて、その人にこんな風に不満を抱かせるようなことをしてしまうんだとしたら。これはちょっと堪えられそうにないな。いろいろ頑張ろうと思う。

2009/09/25(金)

●コロサレル

ランチ中。今日はEGUTTIというパスタ屋。最近、後輩にスプーンとフォークを使ったパスタの食べ方を教えてもらったため、パスタを食べるのが楽しくてしょうがない。

ウニクリームパスタを頼むと、「ごめんなさい、今日はウニクリームやってないんです」と言われた。系統の近いエビクリームパスタを頼む。

料理が運ばれてくるのを待っていると……、熱っ!! 首筋に熱を感じた。見てみると太陽の光がお酒のビンを通して首筋に当たっている。

これは……、虫めがねチリチリ現象!!

●分水嶺をこえた先にある感動

久しぶりに仕事の話をするのは、今日仕事で感動をもらったから。

9月上旬から、やりたいことがうまくいかず、他チームの人たちと一緒になっていっぱい悩んだ。先週の木曜、「このままだとリリースできないんじゃないか」という話題になった。他チームの人たちの暗い表情を見てるのがイヤで、とりあえず「ヨシッ!」とガッツポーズをしてみた。

何が「ヨシッ!」なのか、不思議な表情で見られたため、こう言った。

「ついに奇跡を起こす時が来ました。うまくいかない可能性をぜんぶ潰していけばきっとうまくいく。デッドラインを超えるまではあらゆる可能性を疑って、無事にリリースを目指しますよ」

すると、みんなの顔がパッと明るくなった。

「うん、そーだね! とりあえず明日が分水嶺だね!」と言われ、『分水嶺って何!?』と思いながらも、その勢いを止めるのがもったいなく、「そうですね。まさに分水嶺ですね!!」と返した。

そして今日、あらゆる可能性を疑い尽くした結果、うまくいかない原因は判明した。その原因を解消し、再度リトライしたところ、無事にうまくいった。

その瞬間、他チームの人と「やりましたね!!」と声を掛け合い、思わずハイタッチをした。みんな安堵と喜びに包まれた表情をしていた。

そんなこんなで終電になってしまったが、今日は達成感でいっぱい。他チームの人たちを集めて、事の経緯を説明したり、取りまとめをしたのも、自分にとっては大きな経験。

まだ無事にリリースできるかどうかはむしろこれから。ただ、分水嶺をぶじに乗りきれるよう、手を尽くしたいと思う。きっと、分水嶺をこえた先には、大きな感動が待っているはずだから。

2009/09/24(木)

●下水道科学館

シルバーウィーク最終日。今日は名城公園でピクニックがてら、20年ぐらいぶりに「名古屋市下水道科学館」に行ってきた。

ここは、名城公園の近くに住んでた幼稚園時代に、毎週のように通いつめた思い出の場所。色んなゲームで遊びながら下水道について学べるんだけど、めちゃ楽しい。もっと賑わっててもいいのになー。

遊びに来てたちびっこがゲームを助けてくれて、一緒に行った子と3人で必死になってゲームをクリアしたり、ドロンクリン号と一緒に下水道について学んだり。めちゃ楽しかった。そのあと名城公園で偶然ちびっこに再会。3人でシーソーで遊んだり、アスレチックを攻略するちびっこを応援したり。なぜか泥水で手を洗うことにこだわるちびっこ。なんてかわいいんだ!!

あとは、原っぱでサンドイッチを食べたり、「ゴミ袋バレー」をしたり、原っぱを全力で駆け抜けたり、迷いの森で迷子になったり。

そんな平和で幸せな一日だったとさ。

2009/09/22(火)

●頬筋がつかれた

今日は、沖縄から遊びに来てる友達と東京から遊びに来てる友達と会社の同僚達と計5人で遊んだ。趣旨は東京から遊びに来てる友達の誕生日を祝うこと。

なんか、こういう複数人が集まる会合って、毎回、会話の早さに思考が着いていかず、ぼーっとしちゃいがち。

普段、自分はとりわけ会話のテンポが遅い。たとえば沖縄から遊びに来てる友達が10のことを喋る間に自分は1のことを喋るのが精一杯。

それは言いたいことを我慢してるわけでも遮断してるわけでもなく、ただテンポに対する思考が間に合わないだけ。

普段無口な自分はどうやったらあんなテンポで喋れるのか、ただただ驚くばかり。そして、聞こえてくるじゃれあいとも取れる会話に、時に笑い、時にまじり、時に石と化す(笑)

そんな幸せな一日だった。なんか、どこへ遊びに行く訳でもなく、ただただひたすらくつろぎながら喋ってるだけで成立する関係って、いいもんだなぁ。またみんなで集まれたらいいな。

何はともあれ、誕生日祝いは喜んでくれたようで良かった。

2009/09/16(水)

●ヤミー

伏見で、ランチ中。今日はランチで良く行くお店ランキング、個人的ベスト1の『ヤミー』。

このお店、看板には「ハワイアンバーベキュー」と書いてあるのに、箸やおしぼりの袋、レシートなどには「コリアンバーベキュー」と書いてある、なかなか謎のお店だ。ただ肉の乗ったプレートの他、ロコモコを売りにしているので、やっぱり「ハワイアンバーベキュー」なのかな。あ、でもマンドゥーヌードルやビビンヌードルは「コリアンバーベキュー」っぽいな。

そんなヤミーに今日、新メニューとして『のり弁』が追加された。やっぱり謎だ……。

2009/09/14(月)

●いい日旅立ち

日帰りでの東京。目的は友達のライブを見ること。めっちゃ幸せな一日だった。

ついでに東京にいる、昔付き合ってた彼女と語り合ってきた。今のお互いの恋愛事情、幸せ論、仕事論。すごく有意義な時間だった。

今となっては、彼女とは「同志」のような感じ。「あぁ、友よ」とか思える関係になれると思う。

2009/09/09(水)

●ライフワークは朝コーヒーだ

ライフワーク。それは人生を捧げる仕事。高校時代の自分はその意味を知らなかった。ただ新しく聞いたその言葉を使いたくて、使いたくて、仕方なかったんだ。そこで、2人の友達を前にして、何のためらいもなくこう言い放った。

「最近さぁ。俺、朝コーヒーを飲むのが自分にとってのライフワークなのかなって、そう思い始めてきたんだよね」

今だから言えることはたくさんある。これもその一つ。シーンとなったみんな、ごめんね。「ライフスタイル」的な使い方であってるのかと思ったんだよ。

2009/09/07(月)

●母親にドラゴンボールを読ませてみた

漫画は面白い。それは現代を生きる若者にとっては共通の認識であろう。

コマ絵の連続によって経緯が描かれ、フキダシによってセリフが表現される漫画。現代の若者で、漫画を読んだことのない人というのもめずらしいんじゃないかと思う。

だが、それが上の世代となると話が変わる。家の母親(54歳)は漫画を読んだことがない。単純に今までの人生で、漫画というものに触れる機会がなかったらしい。

そこで国民的漫画である『ドラゴンボール』を母親に読ませてみた。

「じゃあ読んでみる」と言い、ドラゴンボール第1巻を片手に自分の部屋に入っていく母親。

待つこと2分。部屋から出てきた母親は本を差し出しながらこう言った。

「ムリッ!」

詳しい事情を聴いてみた。

「だって恐竜がしゃべるんだもん」

ドラゴンボールは母親の想像力の限界をこえていたらしい。

2009/09/04(金)

●分岐点

分岐点。人は簡単に、間違った道を選ぶ。

その道を選んだ時点では、一番だと信じたはずの道。

「間違いだったんじゃないか」という不安は、もう振り返っても分岐点が見えないあたりまで進んで、ついに極限まで達する。

そして、人は簡単に後悔をする。

あの時、もしも他の道を選んでいたら……。


違う。過去に対する「もしも」に意味なんてない。

前を向くんだ。今いる場所をちゃんと受けとめて、そこからまた一歩ずつ。

今までにどんな道を選んで来たとしても、今いる場所から幸せに向かうことはできる。

今感じてる苦しみを、未来の自分が振り返ったらきっと、「あの苦しい時期があったからこそ、今の自分があるんだ」って、そう言って笑うんだ。